企業情報



社 名
株式会社川口設計
(Kawaguchi Sekkei, Inc.)
法人番号
1010001192743
所在地
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町2丁目2番202
代表者
代表取締役 川口洋
資本金
100万円
メール
info [at] sec-k.co.jp ([at]を@に変更してください。)



主な提供サービス



 
 
 
人材育成/トレーニング/サイバーレンジ
アドバイザリ/顧問
SOC支援、CSIRT支援
啓発活動




 
 
 


代表メッセージ



 
 
 
 

(株)川口設計を動かす重要なキーワードは「自助」「共助」「公助」です。



自助:2000年5月、大学院生だった当時、管理している研究室のシステムが不正アクセスを受けました。システムを復旧させるときに「セキュリティをきちんとやっていなければ家に帰れない。エンジニアが早く帰るためにもセキュリティをやろう。」と思ったことがセキュリティ業界に足を踏み込むことになったきっかけです。多くのセキュリティインシデントを見ていくうちに「セキュリティに関するちょっとした知識と体験」が結果を大きく左右していることに気付きました。完璧なセキュリティ対策ではなく、ちょっとしたことで効果がでる対策を実施できるような知識と体験を提供したい。これが川口設計の「自助」に関する思いです。



共助:セキュリティに関する情報が少ない時代から、コミュニティで出会った多くの方々に育てていただきました。セキュリティはおろかITシステムのことを何も知らない学生の私に多くの方々が優しく教えてくれたことが今でも忘れられません。学生から社会人になり、あこがれだった方々と一緒にプロジェクトを組むようになり、日本のサイバーセキュリティをよくしていく活動を一緒にできることが喜びです。そして自分がコミュニティに育ててもらった恩を返したい。これが川口設計の「共助」に関する思いです。



公助:2002年、大手セキュリティ会社に就職した決め手は、当時の社長の「国破れて山河在りでは意味がない。商いをするためにも国のセキュリティがしっかりしていなければならない。」という熱いメッセージでした。2013年から内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)に出向したことをはじめ、官公庁のサイバーセキュリティに関する活動にもかかわっています。官公庁は定期的な人事異動や予算執行に関する制約のなかでサイバーセキュリティを担保しなければなりません。官公庁で決定、採用されたものが良くも悪くも日本全体に波及していきます。だからこそ、官公庁こそセキュリティ対策を着実に実行しなければならない。これが川口設計の「公助」に関する思いです。



この「自助」「共助」「公助」に共感してくれる方々とともに、日本のサイバーセキュリティを盛り上げていきます。

代表取締役 川口洋

 
 


代表者略歴



 
 

代表取締役 川口洋

・内閣府本府 情報化参与
・NICT CYDER 推進委員
・Hardening Project 実行委員
・日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J) セキュリティオペレーション技術WG リーダ
・セキュリティ・キャンプ講師



2002年
大手セキュリティ会社に就職
社内のインフラシステムの維持運用業務ののち、セキュリティ監視センターに配属

2013年~2016年
内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)に出向
官公庁全体のセキュリティインシデントの対応、一般国民向け普及啓発活動などに従事

2018年
株式会社川口設計設立